読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学の中庭

…と、真理の犬たち

円坐の静けさと沈黙

円坐。

テーマも目的もなく人々が集まり車座になる、

原始的で根源的な会。

 

始まってからおよそ30分、

誰も話さない。

思いがけない感覚や考えが次々によぎる、

豊かな静けさ。

この豊かな静けさと引き換えにできる声を、

僕はもたなかった。

 

3時間にわたる会のあいだ、

僕はほとんど話さなかった。

沈黙し、人の顔をみて、声を聴く。

おもしろくてしかたがない。

 

過去の会で話されたことよりも、

雰囲気をよく憶えていると言う人。

話されたことをよく憶えていると言う人。

そうか、僕は哲学対話のときも、

人の表情と声の出しかたを、

よく憶えている。

 

僕は黙って、人の顔をみて、声を聴く。

哲学対話なら話したくなってしまうが、

どうしても黙っていたい。

自分のこの沈黙と引き換えにできる声を、

僕はもたなかった。

 

話さないのに対話をおもしろがる人の気持ちが、

今日はじめて理解できた。

 

 

 ボーロ