読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学の中庭

…と、真理の犬たち

図書室の二人

小学校一年生のとき、

同じクラスに、ダウン症候群をもつ女の子がいた。

子どもの僕はそれが何なのかを知らないので、

少し特別な女の子というくらいに思っていた。

 

何やら大きな小学校というところや、

同年代の子たちに対する恐れがあったとき、

その子と接しているあいだは、

とても心が落ち着いたようにおぼえている。

 

クラスで図書室へ行き読書する時間には、

二人でカーペットの床に座って、

絵や写真の多い本をよく広げていた。

 

言葉はほとんど交わさなかったと思うが、

僕も絵や写真の多い本が好きだったし、

その子がところどころで興味を示すのに、

僕も興味を示していたのだろう。

 

常夏の図書室。

 

はてしなく長い、

一学期か数ヶ月かが過ぎたころ、

いつのまにかその女の子は、

面倒見のよい女の子たちに囲まれていた。

 

僕はいまと同じで、

状況を飲みこむのが苦手な子どもだったが、

何かが変わってしまったことがわかり、

かすかに寂しく思ったのをおぼえている。

 

 

 ボーロ