読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学の中庭

…と、真理の犬たち

魂の錬金術と魔法少女

ボーロ

今月の終わりにワルプルギスの夜が来る。

 

昔、イングランドの魔女たちとすごした

ワルプルギスの夜は忘れがたい。

とくに何がって、

鳥のさえずるたんなる朝の輝きが。

 

遅ればせながら、

魔法少女まどか☆マギカ」を観て

身につまされている。

 

僕は人と真にかかわるとき、

自分の精神のためか、

または他人の魂のためだと思ってそうする。

 

後者は大それているのかもしれない。

かといって、そのかわりに

いわゆる「教育的」な行いをするというのも

よくわからない。

 

他人を見て「それはあんまりだ」と、

魂を穢すものを祓いに行っておきながら、

自らが穢れを発するものにならないように

気をつけないといけない。

 

それならば、

まともに「教育的」な行いができる人間を

目指せばいいじゃないか。

たぶん僕にはそれができないのだ。

 

だから少なくとも、たとえば、

「大人になっちゃダメ」などと言いながら、

そればかりを言う大人を増やしたがっている

大人にはならないようにしないといけない。

(夢の成れの果てとしての幻想増殖。)*1

 

大人になることそれ自体は、

魂が穢れることではない。

でも僕のような人間が大人になると、

穢れのもとになりかねないのかもしれない。

(概念になりそこなった夢の

成れの果てとしての幻想増殖。)

 

それはどのような人間か。

それは、他人の魂を変えるという奇跡を

起こそうと思っている人間だ。

他人の生を変えるという夢を

叶えようとする人間。

 

それなら、魂の錬金術は自分のためだけに使おう。

そう考えてみても、

僕には簡単に割り切れそうもない。

 

だから、もはやこれまでと思ったら

ただいなくなるか、

延々と割り切らずに錬金術をつづけるしかない。

 

幸い、たんなる朝はいつも輝いてくれている。

 

 

 ボーロ