読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学の中庭

…と、真理の犬たち

夢・幻想・光 ~まどかとヴォランドと僕の対話~

今月末に来るワルプルギスの夜の前に、

明日(4月16日)は復活祭。

復活祭は、キリストの復活祭である前に、

太陽の復活祭だったという話がある。

光がよみがえるのだ。

 

夢は光でできている。

幻想は闇でできている。

 

夢をみる子どもと、みない子どもがいる。

夢をみない子どもが大人になるのに、

不健全なことはない。

夢をみる子どもが誤ると、

幻想をまき散らす大人になってしまうのだ。

 

どうなると誤るのだろうか。

夢が叶わなかったときだろうか。

他人を救おうとして叶わなかったときだろうか。

いや、叶わなかったなら、

あきらめて手離せばよいだけだ。

おとなしく手離せば、誤ることはない。

 

叶わなかった夢には、

具体的なこの自分や、

具体的な他人が描かれている。

それなのに、

叶わなかった夢を死なせまいとして、

具体的な自分や他人のかわりに、

「自分」一般や、

「他人」一般を救おうとしはじめると、

誤ってしまうのだ。

 

そのとき夢は、

幻想をまき散らせるものに変わってしまう。

 

そうかしら。

まどかという魔法使いがささやく。

それは途中であきらめたからよ。

自分一般でも、他人一般でも、

みんなを救おうと夢みて、

本当にみんなを救えたなら、

夢は幻想をまき散らすものになんか

ならないわ。

 

ふん、嘘をつけ。

ヴォランドという悪魔がささやく。

夢もまた幻想の一種ではないか。

光にみえるものもまた闇なのだ。

闇こそが唯一の実在。

お前も私も幻想。

ここにあるのも、

増殖した文字の幻想にすぎない。

幻想によって救われる人間や、

破滅する人間がいるだけだ。

この区別もまた幻想だがな。

 

この二人は、

そんなに違うことを言っているのだろうか。

 

ふと僕は、少なくとも一つ、

闇ではない光があることに気がついた。

それは、この僕が生きていることだ。

この二人はそれを知らないのだろうか?

 

 

 ボーロ