読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

哲学の中庭

…と、真理の犬たち

無限に強い光が無限に弱まると

「無限に強い光は、

その無限の強さのため、

無限に遠くまで届きます。」

偉い人たちの前に立って、

僕は話をしている。

 

「無限に遠くとは、

変なことを言うな。」

しかめ顔と嘲笑。

 

「この光は、

遠くへ行くごとに、

弱まっていきます。

ですから、

無限に遠くまで届くときには、

無限に弱まっています。

さて、無限に強い光が、無限に弱まると、

どうなるでしょうか。

…じつは、それが私たちなのです。」

 

勇気をふりしぼるというよりも、

やけっぱちな気持ちだった。

 

そんな夢からさめ、ホッとしたが、

正夢だったらいいなと思う。

 

 

 ボーロ