哲学の中庭

…と、真理の犬たち

世界の穴 ~哲学者たち水族館へ行く~

f:id:shogoshimizu:20170730145455j:plain

 

哲学者たちと水族館へ。

そのなかには家族連れの哲学者もいた。

小さな息子さんの輝く魂は

好奇心に満ちて、

得体の知れない生き物たちに

眠る間もなく見入っていた。

 

大人の僕でさえ、

見たことのない生き物がまだまだいることを知り、

地球の広さを思うと途方に暮れそうだった。

 

かろうじて見たことがあるかもしれない

フグのようなのが漂いながら、

口をあけていた。

 

「見て、口あけてる、かわいい」

と女性の哲学者が言うと、

もう一人の女性哲学者が身震いしておびえた。

どうして怖がるのかを聞くと、

「世界の穴みたい」

 

男の子はアザラシがとくに気に入ったようで、

水槽のガラスから離れようとしない。

泳ぐアザラシも男の子に興味をもったようで、

男の子を見ながらゆっくり近づいてきては、

水中をぐるりと一周して、

また男の子を見ながらゆっくり近づいてくる、

ということをくり返していた。

 

一緒に遊びたいのかなと思っていたが、

男の子を正面から見つめるその両目が、

慈愛に満ちあふれていることに気づき、

僕は頭がくらくらしてしまった。

 

世界の穴はそんなところにもあった。

 

 

 ボーロ